【ビーグレン講座】知って得する!?クマの原因って一体何なの!?

クマの原因って?

「なんか印象悪い」
「寝不足なのかな」
「パンダみたいと、からかわれる」
「なんか怪しい」

 


思われたくないはず。

 

目の下のクマ。

 

このクマが有るか無いかで
その人そのものが決まっちゃうと思います。

 

それくらい
「目」というものは

 

その人の印象を決定づける大事なところだと思います。

 

「ちゃんと寝てるのにクマが治らない。。」
「ファンデーションを塗っても、なんか違和感が」
「人から変に気遣われる」

 

こんな方はラッキーです。

 

このサイトで
クマについて理論的に話していきます。

 

必ず納得するでしょう。

 

そもそもクマってなんでできるの??

 

こう思う方は相当数いるはすです。

 

それだけクマで悩んでいる人が多いという事です。

 

ここで断言しておきます。

 

 

「クマの原因は睡眠不足だけではありません!!
できるクマによって、原因が異なります!!」

 

これは自信持って言えます。

 

自信もって説明させていただきます。

 

そもそもクマには3種類あります。

 

茶クマ

 

メラニンなどの色素が沈着し、茶色く見えるクマです。

 

(メラニンとは、色素の事でシミの原因でもあります。)

 

「紫外線を浴びすぎる」
「洗顔するときに顔を強くゴシゴシして洗う。)

 

これらが原因でメラニンがより沈着しやすくなります。

 

しかも目の周りの皮膚は

 

他の周りの皮膚と違って非常に薄いです。

 

だから尚更、沈着しやすいわけです。。

 

茶クマの予防法としては
「日傘をさす」
「日焼け止めクリームを塗る」
「露出度の低い服装を心掛ける」
「洗顔の際に、あまりゴシゴシしすぎない」
「目元用美容クリームを塗る。」
「ビタミンCを含む食べ物を多く摂取する」
「アイメイク化粧品に気を遣う」

 

など、方法は掘り出せば、いくつもあります。

 

黒クマ

 

名を聞いただけでは
クマの色自体が黒

 

と思われがちですが、違います。

 

アラフォーからの女性は多く気にしているであろう
肌の弾力が無くなったりが原因で皮膚が下がる「たるみ」が原因で黒く見えてしまう。

 

というのが真実です。

 

なので実際は変色しておらず

 

「錯覚」

 

です。

 

逆を言えば肌にハリと弾力を与えれば
黒クマに悩むことは無くなるという事です。

 

こうなれば話は早いですね。

 

「むくみの原因である塩分を控える」
「目の筋肉を動かすためにマッサージをする」
「ハリと弾力を出すために、保湿するなどして潤いを与える」
「アイマスクをするなどして、目を休ませる」

 

など様々な工夫をしてみると良いでしょう。

 

青クマ

 

世で言う「寝不足によるクマ」はこの青クマの事です。

 

人間は寝不足になると
血行不良を引き起こします。

 

目の周りはこの血行不良が血管を青くし、目の下が青くなるのです。

 

上記でも言いましたが

 

目の周りの皮膚は

 

他の周りの皮膚と違って非常に薄いです。

 

なので余計に
色がわかりやすいのです。

 

ですが、この青クマは
一番早く治しやすいクマでもあります。

 

「睡眠を十分にとる」
「アイマスクをする」
「浴槽につかる」
「サウナに行く」
「マッサージをする」

 

など治す方法もこの3つの中で
一番手っ取り早いです。

 

以上、3つの種類のクマでした。

 

それぞれ、原因が全く異なっているため

 

混乱する人も多いと思います。

 

ですが、
考えすぎずに

 

上記で記入した最低限の
「予防」や「治す方法」を
実践するだけで
劇的に変わること間違いなしでしょう。

 

もう一度言いますが、断言できます。

 

もうちょっとお力になりたいので

次はこちらをご覧ください。

↓↓↓

ビーグレンがクマに効果的って本当!?

page top