【ビーグレン講座】意外と知らないシミの原因って??

シミの原因って??

知っている人も多いとは思いますが
一応説明はしておきます!

 

シミができる主な原因は紫外線です。

 

人は長年紫外線を浴び続けることで知らない間に肌がダメージを受けます。

 

肌は紫外線にめっぽう弱く、浴びる事によって老化します。汗汗

 

そして紫外線を浴びると
「メラニン」と呼ばれる

 

色素が作られ、

 

そのメラニンが浮き出て「シミ」になるのです

 

 

そのほか
紫外線を浴び続けると

 

「皮膚細胞の再生能力低下」

 

「メラニンを外に排泄する力の衰え」

 

 

などがあります。

 

 

【ビーグレン講座】意外と知らないシミの原因って??
(メラノサイトとはメラニンを作り出すもととなる成分の事)

 

更には
たばこやストレスは老化を促す原因の一つである活性酵素を増やします。
(活性酸素とは体内で酸素を利用し代謝が行われる過程で発生するものの事)

 

 

 

簡単にまとめますと

活性酵素が紫外線を浴びる

メラノサイトを刺激する

メラニンの過剰発生を起こしやすくする

※シミが発生※

 

ということです。

 

もうちょっと細かく説明しますね。

 

シミには大きく分けて4種類あります。

日光黒子(にっこうこくし)

シミで一番多いのがコレ。
淡褐色〜濃褐色の色素斑
顔以外にも手、背、前腕、上背などの露出部に多い。

 

原因は紫外線です。

雀卵斑(じゃくらんはん)

いわゆる「ソバカス」の事。
頬や鼻の周りなどに多く出る。

 

遺伝性が強
3歳ごろから見られ、思春期に特に目立つようになる。

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

やけど、ニキビ、化粧品かぶれなどによる肌の炎症が治った後に生じる褐色のシミ。

 

年齢・性別・部位に関係なくできるが、
時間とともに徐々に薄くなることが多い。

肝斑(かんぱん)

女性の顔に多く生じるシミで、
「妊娠」「経口避妊薬」などにより誘発あるいは悪化するので、
女性ホルモンが関連して発症するといわれる。
紫外線で少し悪化する。
薄い褐色でやや大きく、頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴的。
高齢者ではほとんど見られない。
また、レーザー治療で悪化するといわれている。

↓↓↓↓
引用

 

ビーグレンはシミに効果的!?

page top