ビーグレンの全成分について解説!※小学生でも分かる優良情報※

ビーグレンの成分について調べてみた。

ここではビーグレンの成分についてあまり詳しくは説明いたしません。

 

難しい用語とかが増えてくると読むのも面倒だと思うので(笑)

 

なので
各成分の主要な部分について簡潔にまとめてみました。

 

成分についてですが

 

                   「保湿」

「バリア機能、ダメージ機能」

「メラニンの防止、減少」

「ターンオーバー促進」

「雑菌除去」

「ハリ」

「引き締め」

「サポート」

「その他」

 

 

以上10個に分類しました。
少し細かいですが

 

必ず参考になる情報です。

 

 

〜保湿〜

スキンミミックス オーガニックシアバター アセチルジペプチド-1セチル

複数の「セラミド」を混ぜた成分です。
(セラミドとは、肌の角質層で、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこむ役割があります。)

 

水分を逃がさないため、
肌の乾燥を防ぎます。

名の通り
「有機栽培のシアバター」ですね。
(シアバターとはアフリカ地方にあるシアの木から取れる、植物性油脂です。)

 

シアバターは、保湿力に優れています。

 

そのうえ、オーガニックなので

100%天然成分ということなので

 

安全性も非常に高くなっています。

保湿効果が高く、化粧品の成分として

 

よく用いられています。

 

2種のアミノ酸が肌の状態をよく保ちます。

(アミノ酸は肌のハリや潤いをもたらす効果があります。)

加水分解コラーゲン アクアタイド モンモリロナイト

名の通り「加水分解」されたコラーゲンです。
(加水分解とは、水がその物に反応して分解反応を起こすことです。)

 

要するに、コラーゲンをさらに細かくして

 

肌により浸透しやすくさせ、保湿効果を底上げします。

「ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12」とも呼ばれます。

 

このアクアタイドは「ペプチド」の一種です。(ペプチドとは肌にハリをもたらす効果がある成分の事です。)

 

肌に浸透しやすく保湿力が極めて高いです
水分を溜めて溜めて溜めまくります

粘土鉱物の一種です。
粒子の大きさは普通の顕微鏡でもわからないレベルです。
モンモリロナイトは水分を含むと膨張します。
つまり「保湿効果」があります。

納豆エキス スクワラン ジメチコンクロスポリマー

あのくっさ〜い納豆から抽出した

粘性の高い液体です。

保湿効果があり、なんと!!

 

保湿効果で有名なコラーゲン以上に保湿効果があるようです!!

人間、サメ、オリーブオイルなどに含まれる

 

いわば「オイル」です。

 

皮脂膜の役割を果たし
雑菌や乾燥から肌を守ってくれます。

クロスポリマーと呼ばれる樹脂成分があります。

 

ジメチコンクロスポリマーはその1種で

 

 

吸湿性があるので化粧が崩れにくい効果があります。

 

 

水分保持作用もあるので
肌を保護する効果があります。

ホメオシールド ヒアルロン酸 コラーゲン

これは海藻類から摂取されるエキスの事です。

 

保湿効果が高く、
肌のターンオーバーを正常に戻してくれる働きを持っているのです。
(ターンオーバーとは肌の新陳代謝、つまり入れ替わりの事です)

 

即効性もあり、そのうえ効果も持続するので女性からの支持はかなりありそうですね。

うるおい成分の王道ですね。
知らない人はいないと思います。

 

肌に水分を貯め、潤いや弾力を保つ
成分です。
年齢とともに少なくなっていきます。。。

こちらも知らない人はいないと思います。

「コラーゲンの箱に、ヒアルロン酸の水分を流し込む」

いわば、

ヒアルロン酸と兄弟みたいな関係の

成分です。

肌にハリと弾力を与える効果があります。

 

〜バリア機能、ダメージ機能〜

アクアエクストリーム オウゴンエキス アッケシソウエキス

ルバーブという植物から抽出される
エキスのこと。

 

繊維質が豊富で、ビタミンCを
多く含んでいます。

 

ビタミンCは紫外線に対して
真っ向から勝負します。

 

そのため、肌のバリア機能を
サポートします。

コガネバナという花から抽出されたエキスです。

 

安全性が高く

 

抗アレルギー作用があるため

 

肌荒れに効果があります。

「厚岸草(アッケシソウ)」というヨーロッパ、アジア、北アメリカなどの寒帯地域にあるみたいで
この草から抽出するエキスだそうです。

 

これは人間が生まれつき持っている保湿成分(NMFとも言います)

葉や茎に含まれるカルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄分、リン等様々なミネラルが

 

意気投合し、皮膚に入り込もうとする紫外線をバリア!!!

 

してくれるということです

キリバース ハイビスカス花発酵液 バイオPGA溶液HB

亜熱帯地域に生息する
アミノ酸、ミネラル、ビタミンなどを
豊富に含んだ海藻から
抽出したエキスの事。

 

「ハイドロキノン誘導体」の働きを助け

 

より肌へのダメージを防ぐ効果がある

その名の通り
ハイビスカスの花を発酵させて抽出した
エキスの事です。

 

ハイビスカスには美容効果が高く

 

肌機能を向上させ新陳代謝を促します。

 

ハイビスカス花発酵液は、紫外線ダメージから肌を守る効果があります。

動物性のエキスです。

 

肌の保水力を高め、
バリア機能を向上させる効果があります。

 

〜メラニン防止、減少〜

VCエチル ハイドロキノン βホワイト

正式名称は「エチルアスコルビン酸」というらしいです。

「水溶性ビタミンC誘導体の一種」です

(ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの特性を維持したまま化学的に加工した成分の事)

 

簡単に言うと

シミの原因である「メラニン色素」が肌に沈着するのを防ぐ働きがある

 

ということです。

ハイドロキノンとはイチゴや麦芽、コーヒーなどに含まれる天然成分のこと。

 

還元作用があり、体の酸化、
つまり老化を防ぐはたらきがあります。

 

シミの原因であるメラニンを

 

減少させる効果があります。

肌に浸透したメラニンを取り除き、

 

 

肌本来の明るさを保つ効果があるそうです

ハイドロキノン誘導体 エバーセルホワイト

上記で説明しているハイドロキノンよりも

 

肌への安全性が高く、より効果も期待できる成分の事。

ボタンエキスやカッコンエキスなどの
植物抽出液とチロシンからなる混液で

 

メラニンが作られるのを妨げ、美白を保つ効果があります。

 

(チロシンとは、アミノ酸の一種です。)

 

〜ターンオーバー促進〜

クロノライン アリスチン カミツレエキス

合成ペプチドの一種です。
(ペプチドとは肌にハリをもたらす効果がある成分の事です。)

 

細胞の増殖を促進させる役割があり

 

肌の再生をサポートします。

上記のアクアタイドと同じく「ペプチド」の一種です。

 

 

脱糖作用があります。

 

糖は肌機能を低下させます。
(肌の弾力に関係してきます。)

その名の通りです。「カミツレ」という花から抽出されたエキスです。
保湿効果があり

 

肌のターンオーバーを促進させる働きがあります。(ターンオーバーとは肌の新陳代謝、つまり入れ替わりの事です)

 

ターンオーバーが促進されることによって

 

新鮮な肌本来の色をキープする=美白効果があるということです。

EDP3 ゲンチアナ根エキス

表皮の代謝を促し、シミやくすみや小ジワに働きかけます

 

つまり肌のターンオーバーを促進させる効果があります。

保湿性があり

 

細胞賦活作用もあるため

 

肌を生き生きとさせ、ターンオーバーを促進させる効果があります。

 

 

(細胞賦活作用とは細胞のはたらきを活発にさせるということです)

 

〜雑菌除去〜

 

グリチルリチン酸ジカリウム スクワラン

長ったらしい名前ですね(笑)

 

甘草(かんぞう)と呼ばれる草の
根っこの部分に含まれてる成分です。

 

雑菌の繁殖を抑えることができ

 

そのうえ、刺激性が極めてないので敏感肌の人にも◎

 

名前だけで見たら肌に悪そう(笑)

人間、サメ、オリーブオイルなどに含まれる

 

いわば「オイル」です。

 

皮脂膜の役割を果たし
雑菌や乾燥から肌を守ってくれます。

 

〜ハリ〜

 

デコリニル シャクヤク根エキス レチノイン酸トコフェリル

コラーゲンを作るうえで欠かせない成分です。

 

コラーゲンの働きをサポートする役割があります。
(コラーゲンは肌にハリと弾力を与える効果があります)

 

別名はトリペプチド-10シトルリンです。

シャクヤクという花の根っこから抽出したエキスです。

 

血行促進効果があり顔にハリを与え続ける効果がある。

 

植物性のエキスなので
アトピーなどの敏感肌の方も安心ですね。

上記で説明したレチノールを改良させた成分です。

 

そのレチノールよりも刺激性が少なくなっています。

 

ハリを促進させるうえ、
コラーゲンの生成をサポートする役割もあります。

トリフルオロアセチルトリペプチド−2 IGF-2 / EDP3 ポリアミン

長ったらしいですね(笑)

 

シワやハリの原因の一つでもある

 

「老化たんぱく質」を減らす効果があります。
(老化たんぱく質とは、 加齢とともに、タンパク質本来の機能を失ったタンパク質の事です。)

IGF:簡単に言えば
「インスリンに似た成分」です。   
(インスリンとは、糖を全身に運ぶ役割があります。)   
細胞の増殖を促進させる効果があります。

 

 

EDP3:オリゴペプチドの事です。    (オリゴペプチドとは、数種類のアミノ酸を混ぜたペプチドの事。)   
肌にハリを与えます。           
 EDP3は肌に直接吸収されやすく、肌の修復を助ける効果があります。

全身の細胞に存在するアミノ酸に似た成分。(アミノ酸は、体の20%を占めるタンパク質を作るうえで欠かせない成分です。)

 

大豆から取れるエキスでもあります。
このポリアミンは、ハリや弾力を与える成分です。

しかし
年齢とともに減少していきます。

アップレビティ α-グルコシルヘスペリジン クイックリフト

コラーゲンとエラスチンの合成をサポートします。
(エラスチンとは、コラーゲンを支える役割があります。)

 

コラーゲンとエラスチンは非常に相性がよく

 

社長(コラーゲン)を一生懸命支える専務(エラスチン)
って感じです(笑)

 

ピンとしたハリを与えます。

ミカンなどの
柑橘類の皮に含まれる成分です。
「ビタミンP」を肌に浸透させる役割があります。(ビタミンPは、血液の循環を良くする効果があります。)

 

α-グルコシルヘスペリジンは水溶性が高く、ビタミンPをより浸透させやすくし、肌にハリや弾力を、もたらします。

肌の表面に膜を作ることにより、外側からハリを与えます。

 

別名はキサンタンガムクロスポリマーです。

 

エイジングケア商品によく用いられます。

 

(エイジングケアとは加齢により起こるシワやたるみなどの肌トラブルを予防するためのケアです。)

 

〜引き締め効果〜

 

ミシマサイコ根エキス キュアパッション

ミシマサイコという植物の根っこや茎から摂取されるエキスです。

 

ミシマサイコ自体、解熱・鎮痛・消炎などの作用がある生薬として、多くの漢方製剤に配合されています。

 

ミシマサイコのエキスには脂質低下作用があります。
(脂質低下作用とは、体内もしくは
血液中の脂質を減らす作用の事。)

肌を引き締める効果があり、たるみにも効果抜群の成分。

パッションフルーツという果物から抽出されたエキスです。

 

リンパの流れをよくする働きがあり
肌をスッキリ引き締める効果があります。

 

そのほか、顔の「むくみ」を改善する効果があります。

 

(別名は、クダモノトケイソウ果実エキス)

 

〜サポート成分〜

アスコルビン酸 カフェイン

ビタミンCの正式名称の事です。

 

コラーゲンが作られるのをサポートし
維持するのもサポートします。

 

バリバリのキャリアウーマンみたいですね!

コーヒーなどに含まれる有名なカフェインですね。

 

カフェインには

覚醒作用・・・アデノシンの働きを抑えて眠気を抑える。

 

利尿作用・・・腎臓の血管を拡張させ、尿を多く作る。

 

脂肪分解作用・・・リパーゼを活性化させるため。

 

シミの防止効果・・・抗酸化作用でメラニンの生成を抑制。

 

などがあります。この中の「脂肪分解作用」について説明します。

 

カフェインは「リパーゼ」という成分の働きを活性化させます。(リパーゼとは、脂肪を分解する効果がある成分の事です。)

 

細かく脂肪を分解し、顔のたるみを軽減させます。

L-カルニチン コエンザイムA

アミノ酸の一種です。
アミノ酸自体にも、脂肪を燃焼する効果があります。
脂肪を燃焼・分解しているのは「ミトコンドリア」という成分なのですが

 

このミトコンドリアは、脂肪をエネルギーに変換する働きをしています

 

ですが、単体では何もできません。

 

Lカルニチンの助けがないと、できないのです。

まずコエンザイムというのは「補酵素」を意味します。
酵素には消化酵素や食物酵素など単体では
うまく機能することができない酵素が存在します。

 

こうした酵素の働きを助けるのが補酵素です。

 

 

コエンザイムAとは私たちが摂取したタンパク質、脂肪、炭水化物などをエネルギーに変換するために絶対必要な成分の事です

 

不足すると元気がなくなります。これは肌も体も同じです。

 

〜その他〜

アイリジェナー ラミリン メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

紫外線はコラーゲンを分解してしまいます。

 

この「アイリジェナー」はコラーゲンの分解を抑える効果があります。

 

血液の循環を良くし

 

「たるみ」や「クマ」に効果が期待できる

公式サイトには「ラミリン」と書いてあるが
実際は「ラミニン」です。

 

アミノ酸がギュッと集まったもので
タンパク質の生成を促進し
基底膜を修復します。

 

(基底膜とは、皮膚のすぐ下の薄〜い膜の事で、紫外線などによって破壊されると、シワやシミが増える。)

難しい名前ですね(笑)

 

ケイヒ酸自体は
「紫色を吸収する性質をもったものです」

 

要するに「紫外線による肌の劣化」を防ぐ       ↓↓
紫外線をカットする効果があります。

 

安全性も高い成分です。

 

 

↓↓↓↓

 

 

page top